SHLタレントマネジメントウェビナー

アセスメントを活用した能力開発

日程調整中

現在お申込み可能な日程はありません

昨今、従業員が主体的に自分のキャリア構築に取り組む「キャリア自律」が叫ばれています。
組織が自律的なキャリア形成を支援する上で、従業員自身を知ることは何よりも重要です。キャリア形成を主体的に行う従業員、それを支援する上司、組織がアセスメントを活用することで、個人の可能性を見い出し、個に沿った能力開発をすることが可能です。

本セミナーでは、部下を深く知るためのアセスメント結果のフィードバック方法をご紹介すると共に、アセスメントを用いて個にフォーカスした能力開発施策に携わる気鋭の人事担当者様を招いて、具体的な取り組み事例を情報提供いたします。

 こんな方におすすめ

  • 従業員の適性をよく把握した上で能力開発を行いたい
  • 組織としてキャリア自律支援を行いたい
  • 能力開発や育成の他社事例が知りたい

東京センチュリー株式会社 人事部 採用・研修グループ 担当課長
沼田 勇仁 氏

より個にフォーカスした育成を掲げ、全従業員に「万華鏡30」を実施した東京センチュリー。従業員自身の自己理解を促進するとともに、アセスメントを活用した上司による能力開発支援施策も行っています。この一連の施策に携わるご担当者様にご登壇いただき、アセスメントを活用した能力開発の具体的な取り組みや成果をお話いただきます。当日は、受講者の皆さまから寄せられた質問にもご回答いただきます。

日本エス・エイチ・エル株式会社 執行役員 清田 茂

ジョハリの窓をご存じですか? 心理学者のJoseph LuftとHarry Inghamによって作られた自己認識のモデルです。ジョハリの窓を開くというのは、部下の自己理解と上司の部下理解が進むことをあらわします。これは上司が部下を効果的に育成するためだけでなく、部下自身がやりがいをもって仕事に取り組んだり、積極的に自己開発に取り組んだりするための前提となります。本講演では、部下を深く理解し、部下の自己理解を促すためのパーソナリティ検査のフィードバックについてその手法と活用方法をご説明します。

開催概要

名称 SHLタレントマネジメントウェビナー 「アセスメントを活用した能力開発」
主催 日本エス・エイチ・エル株式会社
開催日時 日程調整中
配信方法 Zoomビデオウェビナー
推奨環境

Zoomの最新版のアプリケーションをインストールしていただくことをお勧めします。
https://zoom.us/download#client_4meeting

※ブラウザからも視聴可能ですが、アプリケーションに比べて機能に制約がございます。より快適にご視聴いただくためにもアプリケーションをインストールしていただくことを推奨いたします。サポートされるブラウザは以下をご参照ください。
https://support.zoom.us/hc/ja/articles/201362023

受講料 無料
対象者 企業および組織の人事に携わる方
※同業者、個人の方の参加はご遠慮ください
お申し込み方法

フォームよりお申し込みください。お申し込み受付後、配信URLを記載した招待メールをお送りいたします。

お問い合わせ 日本エス・エイチ・エル株式会社 イベント事務局
TEL:03-5990-5281
Eメール:event-agt@shl.co.jp

現在お申込み可能な日程はありません